ZEH(ゼロエネルギーハウス)

皆さん、ZEH(ゼロエネルギーハウス)ってご存知ですか?
そのまんま「エネルギー使用が”0”の家」という意味なのですが、
そんな家考えられませんよね。

ではどういうことでしょう?
太陽光発電を屋根に載せることにより、実際かかった電気代金に対し、
発電して売り上げた電気代金が上回れば「ゼロエネルギー」となるのです。
10kwを超える太陽光発電を搭載すれば、20年間は全量買い取りで、
買い取り価格も通常使用した電気代金より高く買い取ってもらえます。

yjimage[2]

でもよく考えるとこれってどうでしょう???

20年後は本当に電気代が差し引き0円になるのでしょうか?

電気使用量は年々値上げされています。

発電量の効率も、若干ですが落ちるでしょう。

故障や不具合のためのメンテナンス費用も必要ですね。

みんなが太陽光発電すればするほど、電気使用量以外に「再エネ賦課金」として
全てのお宅に対して請求される負担金が上がっていきます。

もちろん、太陽光発電の設置には賛成ですし、実は拙宅にも搭載しております。

ただ、「太陽光発電でガンガン発電すれば、ガンガン使っても大丈夫!」という
今の風潮に疑問を感じてしまいます。

何よりもまず「省エネ」!
そして太陽光を使っての「創エネ」!

機械頼みのメカメカZEHを建てることは、将来に憂いを残す気がしてなりません。

関連記事

ページ上部へ戻る