トリプルサッシ

「断熱」「気密」の記事を読んで頂いた皆さん。ありがとうございます。

省エネ住宅のイメージが少し出来てきましたね。

でも、これだけではまだまだ「低燃費住宅」には行き着きませんよ!

 

冬の寒い夜、なぜかみんな窓際には近寄りません。そこが寒いと知っているんです。

そうです。家の中の温度が外に逃げてしまうもう一つの理由。

「窓」です。

「うちの窓はペアガラスだから!」と言っている貴方。冬の夜にガラスに触ってみて下さい。

フレームのアルミに至っては、まるで氷に触っているかのようです。

 

「サッシはトリプルサッシ」「フレームは樹脂」

これが省エネ住宅のスタンダードです。

(それ以外のサッシを使っていたら、それはもはや省エネ住宅ではないでしょう!)

写真の枠の断面を見て下さい。たくさんの小部屋が見えますね。

この小部屋一つ一つが空気層として断熱効果があり、冬の夜でも表面温度が室温と1℃ほどしか違いません。

また、ガラス部分も同様です。

 

高気密高断熱住宅、省エネ住宅をお考えなら、「どんな窓をどこに付けるか?」

忘れてはならない、大きなポイントです!

関連記事

ページ上部へ戻る